国生み神話のゆかりの島をめぐる「おのころクルーズ」販売開始!



あわかん限定、送迎付きの沼島おのころクルーズが始まります。
古事記や日本書紀で語られる国生み神話ゆかりの『オノコロ島』とも言われる「沼島」を船で周遊します。
ご宿泊とおのころクルーズがセットになった、お得な宿泊プランや、追加で沼島おのころクルーズが楽しめるプランもご用意しております。
なお、催行日が限られておりますので、ご予約はお早めに!!

淡路島の秘境「沼島」
古事記や日本書紀で語られる国生み神話ゆかりの『オノコロ島』とも言われる沼島の周囲10キロを周遊します。
ガイドの案内とともに、「上立神岩」や「下立神岩」などの巨石や奇岩、国生み神話の解説、「オノコロ島」の伝説、沼島の歴史や漁業などを感じてもらう約1時間のコースです。
下船後は島内でランチ&散策をお楽しみください。

勾玉の形をした国生み神話ゆかりの島

  国生み神話由来の島  
沼島 ( ぬしま ) は南あわじ市灘の沖4.6 キロに位置する離島で、 灘 ( なだ ) の 土生港 ( はぶこう ) からの沼島汽船によって結ばれています。はるか昔、神々がつくり出した最初の島「おのころ島」だという伝説が残っています。沼島の「沼」は「国生み神話」の「沼矛」に由来するという説もあります。

  奇岩が点在  
東南海岸には見る人を驚かせる岩が多く、「国生み神話」の「天の沼矛」や「天の御柱」のモデルともいわれている「上立神岩」をはじめ、「屏風岩」「あみだバエ」などの勇壮な奇岩が点在しています。海域では伝説の魚-沼島女郎-が釣れるかも?

  新鮮な魚介の宝庫  
古代の海人族 ( あまぞく ) が本拠地にした島であると伝えられ、戦国時代には沼島水軍が名を馳せました。現在、島民の大部分が漁業に従事しており、年間を通じて沼島漁港に揚がる魚介類の評判は高い。

  地球の「しわ」ってなに  
1億年前に出来た地球の「しわ」とされる鞘型褶曲(さやがたしゅうきょく)は、平成6年に発見された珍しい岩石です。引き潮の時にしか見ることができないこの奇岩は、同心円状の鞘型の褶曲構造となっており、地殻内部の動きが分かる貴重な資料となっています。この沼島の岩石以外ではフランスで1ケ所発見されているだけです。

  乗り物好き 漁船好き  
普段魚を獲っている現役の漁船にご乗船して沼島をぐるりと1周します。

淡路島観光協会HPから抜粋

島内のお食事はこちら
(別サイトが開きます)
https://nushima-yoshijin.jp/grmguide
※ 体験料金にお食事代は含まれておりません。





《お問合せ・ご予約方法》
①お電話にて承ります 0120-22-9700
②メールにて承ります akh@awakan.com
※定員11名様の限定体験です。
お席の空き状況、ご質問はお気軽にお問い合わせください。